料金

  

アクセス

坐骨神経痛治療

坐骨神経痛とは?

痛み・痺れ・麻痺
坐骨神経痛は、腰から下半身にかけて痛みやしびれなどが出たり、正座の後のしびれたような感覚が足の一部におこる症状のことをいいます。

坐骨神経痛はなぜ起こるのか

1. 腰椎ヘルニアによるもの
股関節がずれて骨盤がゆがんでいると腰椎がゆがみます。そのゆがみが軟骨をいびつに移動させて坐骨神経を刺激するのが腰椎ヘルニアなのです。

2. 梨状筋という筋肉によるもの
おしりの奥のほうに梨状筋(りじょうきん)という筋肉があります。
この筋肉によって坐骨神経の圧迫がひき起こされているケースが非常に多くみられます。

3. 奥歯の噛み合わせからくる姿勢によるもの
頭の重みを、すべて腰で受ける為、腰に負担をかけ、骨盤が前方に変位し梨状筋が伸張されて起こると考えます。

坐骨神経ってどこの神経?

腰椎から出る何本もの神経が1本の太い神経
坐骨神経は腰の骨(腰椎)から出る何本もの神経が1本の太い神経に束ねられたものです。

坐骨神経痛の治療法

1.歪んだ姿勢・骨格を正す
2.硬くなった筋肉を緩める
3.左右バランスを整える

筋肉に対して治療が出来ない限り、症状が治まることも期待できません。
当院では、矯正と指圧、電圧コンビネーション治療の中から患者様それぞれの症状や痛みの度合いに応じて適切な施術を行います。
坐骨神経痛の激しい痛みに悩んでいる方には、ぜひ受けていただきたい治療です。

坐骨神経痛の治療間隔

発症時は毎日がオススメです。
通院間隔は、これまた患者様それぞれで異なるのですが、最初は毎日通っていただき、痛みが軽減してきたら来院間隔を広げて通院回数を減らしていっています。