交通事故によるむちうちを整骨院や接骨院で治療するなら、東京や千葉を中心に42箇所で展開中の株式会社クラシオンへ

ブログのタグ 休業補償 記事一覧

給与所得者の場合の休業補償

2013年08月22日

カテゴリ : | タグ : ,

給与所得者の休業補償は、過去3ヶ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。

事故前3ヶ月間の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日✕認定休業日数

 

具体例:

4月10日に交通事故で受傷、6月末まで会社を休んで通院していた(休業81日)。

1月の給与:22万円

2月の給与:21万円

3月の給与:25万円

(22万円+21万円+25万円)÷90=7,555円

7,555円✕81=61万1955円

となります。

交通事故の際の休業補償、休業損害と主婦休損について

2013年08月22日

カテゴリ : | タグ : , , ,

交通事故の被害者・加害者のほとんどが把握していないのが休業補償につです。 

休業補償はどのように算出されるのか?自身の事故の場合、どれくらいの補償がされるのかを事前に確認することができます。

休業損害とは交通事故の被害者の方が怪我をしたことにより、治癒あるいは症状固定までの期間、働くことが出来ずに収入が減少することによる損害をいいます。自賠責保険基準では原則として1日@5,700円が支払われます。

また、日額@5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に実費が支払われます。

専業主婦の方でも通院日数✕@5,700円が主婦休損として保険請求できます。


         お問い合せは、クラシオン交通事故ダイヤル
         0120-934-799 受付時間 9:00〜18:00